葛西の暮らし方

Twitterで本ブログの更新を通知しています。

2012年10月26日

本好き待望AmazonのKindleストアがオープンした

kindle.jpg

ついにAmazonのKindleストアが日本でもオープンしました。



Amazonと言えば、ネットで書籍を購入できることが有名ですが、電子書籍も購入できることになったわけです。

iPad miniやWindows8の影に隠れてしまった感のあるKindle日本デビューですが、Amazonのヘビーユーザーであり、本大好きの私としては見逃せないサービスです。

KindleとKindleストアについて


電子書籍リーダーとしては、もちろんKindleを使用することになりますが、他社のサービスと同様、無料アプリを使用すれば、iPadやiPhone、アンドロイド端末などでも読むことができます。

Kindle Paperwhite 8,480円

私は、初代iPadを持っているので、Amazonから購入した電子書籍も当分はiPadで読むつもりです。

しかし、電車などで読む場合も考え、いずれは電子書籍リーダーを購入することになるでしょう。

その際、iPad miniにするか、Kindleにするか。迷いますね。

電子書籍を読むだけなら、間違いなくKindleの方が良いです。軽いし、安いし、本物のインクを使用したスクリーンの採用など、機能が「本を読むこと」に特化しているからです。

ほぼ違和感なく紙の本と同じ感覚で読めるはずです。また電子書籍のAmazonからのダウンロードもAmazon専用端末なのでPCを使用せずに簡単にできます。

Amazonなので書籍タイトルも豊富。いずれ、大量に電子書籍も用意されるでしょう。現在でも日本語書籍は5万タイトル用意されているようです。(無料の日本の名作タイトルなどが1万タイトル含まれるとか)

続々と電子化されている


iPad miniはいらないかなぁ。アプリはiPhoneにまかせて、Kindleかな。迷いますね。でも8,000円くらいだから、タブレット端末とは別物として、広辞苑を買うくらいのつもりで買っちゃおうかな。

カバンの中にいつでも1,000冊の本がある、って何かウキウキしますよね。





ラベル:Kindle Amazon
posted by Jien at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック