葛西の暮らし方

Twitterで本ブログの更新を通知しています。

2012年06月13日

今日は涼しいので、キムチ鍋なんかもいいんじゃぁないでしょうか

一人暮らしに一人用の鍋は重宝しますね。でっかい鍋だと、一人でつつくのは寂しいけど、一人鍋だったらそんなことないし、コンパクトに素早く調理できます。会社帰りで時間が無い時でもOKです。
IMG_2385.jpg

さて、キムチ鍋ですが、Jienの場合、早く作れることが第一なので、食べながらちまちまと具材を入れるのではなく、最初に鍋をセットしてしまいます。

続きを読む


ラベル:一人飯 キムチ鍋
posted by Jien at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

一人飯に焼きそばは鉄板だ

IMG_2369.jpg

焼きそばは、手間がかかりそうに見えて意外と簡単にできて、一人飯に最適です。

以下、ガッテン流Jienカスタマイズ焼きそばレシピです。

続きを読む
posted by Jien at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

家庭の味のカレーが急に食べたくなった時に、フライパンカレーはとても重宝します

Jienはカレーが大好きです。大きな鍋でじっくり煮込んだカレーに越したことはありませんが、急に食べたくなった時や、会社帰りの夜などはそんなに時間がかけられません。

そこで急いでいる時は、フライパンを使います。これだと食べきりたい時に、ちょうど良い量が出来ます。

フライパンカレーレシピ

(Jienの材料) 好みのカレールー、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、豚バラ肉(牛も良いですが、今回煮込まないので)、ホールトマト、牛乳、赤ワイン
 
皆さん、お好みのものを揃えてください。各家庭の味がありますからね。

1.時間をかけない為、材料は全て細かく切ります。
DSC01315.jpg

DSC01317.jpg

2.細かく切ったジャガイモ、にんじん、さらには玉ねぎも加えていためます。
DSC01325.jpg

3.肉も加えて、いい具合に炒めます。
DSC01327.jpg

4.炒め終わったら、赤ワイン、ホールトマトと適宜水を入れて煮込みます。えぇ、勿論これはJienの好みです。トマトが大好きなのです。赤ワインで煮るとうまいし。この工程を飛ばして、水だけを加えても結構です。
DSC01335.jpg

5.トマトも潰していい具合に煮詰めていきます。
DSC01337.jpg

6.火を止めて、カレールーを投入。やわらかくなったら、まぜまぜ。様子を見ながら、ルーの量を調整してね。いつもより、少なめだから。3つか4つくらいでいいんじゃないかなぁ。
DSC01345.jpg

7.煮込みながら、香辛料や牛乳を好みで加えて味を調整します。
DSC01342.jpg

DSC01349.jpg

8.10分ほど煮込んだら完成。お皿に盛り付けます。なおJienは玉子が大好きなので、ハムエッグをトッピングしました。
IMG_1931.jpg

鍋で作るとついつい量が多くなります。週末ならいいですけど、普段の日だといつ飲み会や出張が入るかわからないですからね。

Jienはカレーは冷凍保存したくないのです。ジャガイモとかまずくなっちゃうので...

お料理時間:15分 煮込み時間含まず
お片づけ:5分

posted by Jien at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

嵐にしやがれ的豚汁は、それだけでもうりっぱなおかずなのだった

テレビで料理をやっているとすぐに作りたくなります。得に人気芸能人相手だと、料理人も簡単に秘訣を教えちゃったりするので好きです。

そうやって何回か作っているうちに、自分の一人飯の定義にあったものが自分の中の定番レシピとして残るって感じ。

嵐流豚汁もそんな中の一品です。正確には、嵐にしやがれに出た料理人の一品ですが。これが簡単に出来てうまい!
豚汁SnapDish Food Camera
via SnapDish

特徴的なのは、先に味を作ってしまうということと、材料がシンプルなことです。以下レシピです。自分用にアレンジしてます。

嵐流豚汁レシピ

-----

材料 玉ねぎ、豚肉、豆腐、味噌、ダシ

1.鍋に必要分水を入れ(後から玉ねぎ、豆腐を入れるので少なめに)、あわせダシを入れて味噌を溶かす。

このとき、味を作ってしまうので、完成した時にちょうどよくなる量の味噌を入れる(つまり、この時点ではしょっぱいはず。普段味噌汁を作る時は具が全部入った状態で入れるので、目分量が違います)

2.豚バラ(自分の場合は厚切りを入れる)を食べたい量入れて、3分くらいぐつぐつ煮込む。普通味噌を入れた場合、風味を飛ばさないように沸騰させないようにするが、この豚汁は別物です。アクもとらない。とってもいいけど。

3.くし切りにした玉ねぎ半玉〜1玉分を鍋に投入、その上に豆腐1丁を適当に切ってのせる。かき混ぜないよ。玉ねぎはかなり多めです。具というよりも味のベースです。

4.これで仕込みは完了。後は、中火かやや強火で、15〜20分煮込むだけ。吹きこぼれないようにしておけば、放っておいても大丈夫。なにしろ、通常の味噌汁とちがってグツグツ沸騰させちゃっても良いので。

5.お玉で全体をなじませてから、お椀に盛り付けて完成。あれば、ワケギやゴマなどをトッピングしてカッコつける。

-----

玉ねぎの甘みと、お肉のコクでこれまでにない味わいの豚汁です。ボリュームがあり、これだけでりっぱなおかずです。

Jienはこの豚汁の場合、一汁一菜どころか、一汁のみで食事を済ますこともざらです。手間要らずでおいしい!

脂っこさとか、コクとかはお肉の種類、脂身の量で調整してください。

お料理時間:10分 煮込み時間含まず
お片づけ:1分30秒


posted by Jien at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

大したことじゃないけど、コロコロ転がらないバナナの切り方

大したことじゃないんですが...

Jienのバナナの切り方です。皮を1/2くらい残して輪切りにします。そうすると、コロコロころがってまな板からシンクに落ちちゃうなんてことがないからです。
DSC01189.jpg

ヨーグルトバナナ胡桃トッピング蜂蜜がけを作るときに便利です。

ほんと、大したことじゃないですけど...

お料理時間:30秒
お片づけ:6秒

★なんかかわいいバナナグッズ:下北雑貨店★
バナナグッズ.jpg
posted by Jien at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

意外とやわらかいじゃん鳥ささみソテー

一人飯の場合、Jienは、直前にメニューを決めることが多い。今食べたいものを料理する、そういったわがままな方針である。

しかし、この方針を貫くには、食材が揃っていないと、いちいち買い物に走る羽目になる。

そこで、Jienは肉などはいろいろな種類を冷凍保存している。基本週に一回、どかっと買ってきて小分けにしているのだ。

こんな感じ
DSC01241.jpg

小分けにするのは、面倒にみえるけど、いちいち買い物に行くより余程効率的だし、大きなパッケージで買えるので、安上がりだ。このように準備しておけば、いきなりタモリ流生姜焼きが食べたくなってもすぐに作れるっていう寸法である。

さて、そんな感じで今日は、冷凍してあった鳥ササミのソテーを作ることにした。

鳥ササミや胸肉は通常、油気がなくパサパサで、正直まずい。しかし、とり胸肉はイミダゾールジペプチドとかいう疲労回復に効果がある物質を多く含んでいて、アスリートも好んで摂取する良質のお肉だ。ダイエットにも効果がある。

というわけで、なんとかおいしく食せないかと考え、タモリ流生姜焼きを応用して作ってみた。

以下がレシピでございます。

1.ササミを解凍したら、包丁等でラップの上からよくたたいてのばす。
DSC01226.jpg

2.ササミに小麦粉をよくまぶす。
DSC01228.jpg

3.油を使わず、両面を程よく焼く。テフロン加工のフライパンであれば、全然こげつきません。
DSC01232.jpg

4.醤油、酒、みりん(なければ砂糖)を適度にまぜて、フライパンに投入。タレが煮詰まってきたらササミにからめる。

5.皿にとって、フライパンのタレをかけたら、出来上がり。

付け合せも無く、殺風景で申し訳ない
DSC01234.jpg

何、これ、ウマッ、全然パサパサしてないじゃん、しっとりやわらか、Jien定番のひとつにしよっ。
DSC01240-2.jpg

お料理時間:10分
お片づけ:3分
ラベル:簡単料理
posted by Jien at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ざる蕎麦 てんこ盛り

Jienはお蕎麦が大好き。得に温かくなってくると、ざる蕎麦がいいですね。
  
でもお店で食べると、量が少ないですよね、大抵。

キリッとした江戸前の蕎麦を少量いただくのも良いけれど、ガッツリ食べたい時もあります。

そこで、ざる蕎麦は自分でよく作ります。自分好みで大盛りに出来るのがよい。

ざるそば てんこ盛り via SnapDish

麺類は別腹で入ります、私の場合。

蕎麦は二把茹でます。

仕上げにきざみノリをパラパラ。

わさびは、ツユに入れず、メンに少しづつつけて食べます。

そうすると、わさびの香りを楽しみつつ、おそばをいただけます。

最近、チューブのわさびも捨てたもんじゃない。

仕上げは、蕎麦湯でおつゆを割っていただく。

きざみノリとか、蕎麦湯割りとかは、はずさないですよ。だって、味気ないじゃん、そこらへんの手を抜いたら。

お料理時間:10分
お片づけ:2分

posted by Jien at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする